男の人

心理面のケアと専門知識

心理学の専門資格は多種多様な場で必要とされてきています。これは臨床的な分野だけではなく、カウンセラーの手助けが必要な年齢層の低い子供や一般企業の社員など、専門家のサポートが必要なクライアントが増えてきているのです。

詳しく見る

マッサージ

手技によって外傷を直す

柔道整復師の資格は平成元年に国家資格となり、今では整骨院や病院以外にスポーツ界でも重要な役割を果たしています。柔道整復師になるには指定された学校を卒業し、国家試験に合格するとなれますが、資格を取得してからが能力を伸ばすことができます。

詳しく見る

Menu

奨学金制度を知っておく

ナース

看護学校では、在学中に奨学金をもらって勉強し、卒業後提携の病院などに就職して一定期間働くことで返済免除となる制度があるところもあります。不足する看護師を確保できるため病院にもメリットがあります。ただ雰囲気があわないと働き続けるのが大変になるリスクもあります。

詳しく見る

心理カウンセラーを目指す

カウンセリング

心理カウンセラーになるには大学等の教育機関や通信講座で心理学を学び、認定試験に合格することが必要です。臨床心理士や認定心理士・産業カウンセラーといった資格ごとに取得要件または受験資格が異なります。取得までに要する費用や評判なども考慮し、就職に役立つ資格と受講方法を選ぶようにするといいでしょう。

詳しく見る

医療業界で人気の資格

施術

医療関係に将来進むために、医療の資格取得が人気です。中でも人気がある資格の一つに柔道整復師があります。資格取得の上での注意点は、大学や専門学校等で柔道整復師養成過程を勉強してからでないと受験できないことです。また資格取得後の就職先もあらかじめ選択しておきましょう。

詳しく見る

奨学金について調べよう

看護師

働き方を考慮して決める

看護師になるには、看護学部のある大学、短大、専門学校のいずれかに通って試験の受験資格を得て、国家試験に合格する必要があります。まずどの学校を選ぶかが働く前の重要なポイントとなってきます。まず、どのように働きたいのかを考えて選ぶ必要があります。たとえば、専門学校では看護師の資格しか得られませんが、大学などでは保健師や助産師の資格が得られることも多いです。これらの資格が加われば、当然就職先は多様になります。ただ、専門学校卒でも別途専門学校に通えば保健師や助産師の資格をとることは可能なので、入ってから考えるという手もあります。また、就職先を考えて選ぶのも一つのポイントです。看護学校では、奨学金を出す代わりに、提携している病院などで一定期間働くことが義務となっている所もあります。もちろん奨学金をもらわなければそのような縛りもないのですが、看護学校は実習などでかなり忙しく、バイトをしている暇がない人も多いので、そうした制度がある場合ほとんどの人が活用しています。これは実習先と就職先が同じになることから、慣れていて安心ともいえますし、逆に一定期間辞められないという心理的負担にもなりえます。自分はどこでどのように働きたいかを考えて選ぶべきでしょう。また、学費も選ぶときの基準となりますが、学費は単純に学ぶ期間の長い大学の方が高く、専門や短大の方が安いことが多いです。ただ専門や短大でもピンきりなので、事前によく調べてメリットデメリットを比較しておくと選びやすくなります。

Copyright© 2017 看護の仕事に就きたいなら専門学校に通おう|将来の働き方を考慮する All Rights Reserved.